このブログを検索

おっかけして下さい

RasPiのstretchにunboundを設定してみた

 どうもです^^

 今週はRasPi Weekになりそうな気がしますw結構一から設定するのってやっぱり
めんどくさい
ですよねw

 ま、嫌がってても始まりませんので、チマチマ頑張っていきましょう♪

 今日はDNSです♪これが無いと始まりません!いや、そんなこと無いです。
実際、設定するまではプロバイダのDNSを使ってインターネットしてたんです
からねwでも、これがあると、何だかサーバーたてた感が半端ないですね♪

 訳のわからない理由はおいといて、早速始めちゃいます。

 これは、以前記事にもしましたので、おさらいです。以前と全く同じ設定
ですので、あまり詳しくは書きません。ま、以前も詳しくないんですがねw

① インストール

② 設定
 設定も簡単です。/etc/unbound/unbound.conf.d/にサーバー用とクライアント用
のファイルをおきます。
server用:

client用:

 何だかわからないですねw前回の記事の方がわかりやすいので、そちらを
見て下さいね♪ちなみに、どちらもファイル名は適当でいいんですが、必ず
拡張子を.confにして下さい。と、いうのも

と書かれています。ご注意下さいね♪

③ 再起動
 unboundを再起動します。

④ 確認
 では、確認します。digコマンドで適当に叩いてみます。なお、digコマンド
はdnsutilsに入っていますので、digコマンドが見つからない時はインストール
しておいて下さい。まず、外部です。

では、内部も見ておきましょう

 はい。うまくいってるみたいですね♪

 以上がDNSの設定です。

 ちなみに、IPアドレスの固定化をしておかないとダメだと思うので、
/etc/dhcpcd.confに以下を追記しておいて下さい。

 追記したら、再起動しておきましょう
 次にsshでつなぐ時は、IPアドレスに注意して下さいねw

 では、また(^^)/~~

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントありがとうございますm(_ _)m
これからの励みになります。

どうでもいい話ですが、僕は褒められると伸びるタイプです♪