このブログを検索

おっかけして下さい

実は結果は分かりません

 どうもです^^

 例え家庭内の閉鎖空間にあるサーバーだったとしても、
できるだけバグを抱えていたくないですよね?でも、毎日
$ apt-get update
$ apt-get -u dist-upgrade
ってやるのも、めんどくさいし・・・
 だからといって、aptの自動実行って何かイヤだし・・・

 そんなことを考えてたら、あるんですね〜、Security update
だけを自動で実行してくれる方法が・・・ま、万能ではないかも
だけどね♪とは言え、今のところ安定版でupdateしたことによる
問題にブチ当たったこともないので、大丈夫かなと
お気楽モード♪

 では、早速始めてみます。あ、Raspbian Jessie環境ですが、
普通のでも多分問題なくいけるはず。

① まずはPackageの確認
$ dpkg -l | grep unattended-upgrades

② 無いのでインストール
$ sudo apt-get install unattended-upgrades

③ 設定
$ sudo dpkg-reconfigure -plow unattended-upgrades
<はい>を選択すると、
Creating config file /etc/apt/apt.conf.d/20auto-upgrades with new version
 と設定ファイルが作られるようです。

④ 調整
$ sudo -e /etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades
 まず、メールで自動更新を教えてもらいます。エラーがあった時だけ
っていうのも設定できるようですが、今回は自動更新したよメールに
します。
 Unattended-Upgrade::Mail "メールアドレス";
 で、次に不要なdebファイルも自動で削除してくれるそうだ
 Unattended-Upgrade::Remove-Unused-Dependencies "true"; 
 他にも自動で再起動なんてのもあるようですが、今回は見送った。
 
⑤ Autocleanの頻度設定
$ sudo -e /etc/apt/apt.conf.d/20auto-upgrades
 これはRaspbianなので、毎日とかじゃなく、 一旦2週間に1回くらい
のイメージにした。
 APT::Periodic::AutocleanInterval "14";
 
あと、④のメールアドレスを外部のフリーメールやプロバイダメールに
したいけど、SMTPサーバーを立てたくない場合ssmtpが簡単でいいですよ?
$ sudo apt-get install ssmtp

で、設定ファイルに必要事項を書いていきます。
$ sudo -e /etc/ssmtp/ssmtp.conf
 root=メールアドレス
 mailhub=受信サーバーのアドレス
 AuthUser=rootで指定したメールアドレス
 AuthPass=受信メールサーバーのパスワード
 後はセキュリティ関係の設定などかな?
 細かく説明されているページもありますのでググって見てください
 THE 他力本願!

 いかがでしたか?ちなみに、ssmtpの送信先にgmailを指定すると、
確認メールが届きます。内容ははっきり覚えていませんが、
「このメールを受け取るにはセキュリティ設定を甘くしないと
受け取れないけど、どうする?」みたいな感じ。
 まあ僕は利便性を取りましたけど、よくよく考えて設定は
してくださいね。
 あ、そうそう、動作確認はできていません

 では、また(^^)/~~

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントありがとうございますm(_ _)m
これからの励みになります。

どうでもいい話ですが、僕は褒められると伸びるタイプです♪