このブログを検索

おっかけして下さい

Fluxboxが一歩快適に近づきました

 どうもです^^

 ちょっとだけ、進んだfluxboxの設定です。
何がどうなったかというと
はい、conkyが透過になりました。今までは何をどう頑張っても背景が
真っ黒で、何だかなぁ?って感じでした。で、今日も頑張って調べて
みると、xcompmgrでFluxboxをtrue transparent(完全透過)にする
きれいさっぱり、逝くぜ!
FluxboxはWindowのフレームやツールバー、メニューなどに背景の壁紙を混ぜて表示し、pseudo transparency(偽透過)を実現している。
しかしxcompmgrを使用することで true transparencyを実現できる。
だそうですので、早速入れてみましょう

ここまでくればメニューからexitを選ぶとログイン画面まで戻りますので
再ログインしてください。少し幸せになりました
 で、ついでに今日発覚した問題が、xmonadのために入れたstalonetrayが起動
してしまいます。fluxboxにはAlltrayというのを入れましたので、stalonetray
は要らないのです。いや、正しい動作をしてくれるなら、それでもOKなんですが、
こうでないといけないのに
こうなるのです。嫌がらせ以外のなにものでもありません
 で、原因を探っているところ、トリガーとなるソフトの存在が・・・
gnome-terminal・・・じゃないなぁ、アプリケーションメニューのシェル
にあるBashで起動させるとstalonetrayが起動しているようです。Bash起動
時に読み込むファイルか?ナニソレ?調べてみました。

こ、これは・・・自分で書いてるじゃん

 消したらstalonetrayは起動しなくなりましたw

 ちょっと快適になってきました♪あとは、メニューが出せれば完璧です。
また、わかれば記事にしていこうと思います♪ま、Google先生次第ですが・・・w

 では、また(^^)/~~

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントありがとうございますm(_ _)m
これからの励みになります。

どうでもいい話ですが、僕は褒められると伸びるタイプです♪