このブログを検索

おっかけして下さい

mainPCをより最新鋭に近づけました

 どうもです^^

 先日、ようやく復活したうちのmainPCですが、
マザーボード換装しました。先日いただいたG43の方に変えました。っていうのは、
VT-xが設定できないんですよね〜。で、この際変えようと思ったのです。

 でも、一つ思うところがありまして、CPUは以前購入した中古のCore2Quadの
Q9650なんですが、もともとのマザーもこれにしたところからVT-xの設定項目が
BIOSから消えてしまい、先日のG33もBIOSを最新にしたにもかかわらず、設定項目
は出てきませんでした(;´∀`)
 だから、今回はQ9650を使わずに、おまけでいただいたQ9550をつけてみました。

 Q9650のときはCPU名が06/17と表示されていましたが、今回はちゃんと表示されて
いますし、本来の目的であるVT-xは
と、ちゃんと認識してくれています♪(あ、vmxね)
 いや〜、ここまで長かった・・・ここで、Q9650が悪いのか?という疑問が
残りますよね?でも、めんどくさいので確認していません。なんか、
ECS G43T-M (V1.0A) processor support and specifications
というページに
Q9650がない!(・_・)
って感じで、試していないんですね。ちなみに、G33の方も調べてみました。
こっちはIntel DG33BUで、BIOS0484で対応可のようです。苦労して0572にした
んですが・・・なんだかなぁ?
 だから、なんとなくQ9650が悪いと思うようになっています。0.17GHzほど低下
しますが、僕の処理速度を考えると誤差でしかないので、しばらくこのまま
で行こうと思います。
 で、このマザー、
という情報を神からいただいていましたが、何故か僕は
「厚みがネックになって挿せなくなるってことか」
という解釈をしてしまい、
「今持っているメモリは両面2GBだけど、厚みは薄いから大丈夫v」
と、なんともまぁ、お花畑な頭脳が本領を発揮したため、
両面2GBのメモリを4枚挿して、
「起動しない(T_T)」
ってなっていました。で、英語ですがマニュアルをダウンロードしていたので、
ようやくここで見たわけです。すると、片面メモリと両面メモリの挿し方が
書いてあって、ようやく目が覚めたのでしたw←笑い事じゃない
 書いてあるようにメモリを2枚にして挿し直すと普通に起動しました。
ということで、4GBなメモリになりました。ま、しょうがないか!
 あと、ケースファンの電源が4ピンで、うちのケースは3ピンのがついてた
ので、4ピンのを買って取り付けました。
 それと、ちょうどいいタイミングとばかりに2TBのSSHDなる最新?のHDDも
買いました。

 で、いつもどおりDebian Stretchをインストールしたところです♪
デスクトップ環境にMATEを選びました。いや、Cinnamonを入れようとした
んですけど、ダウンロード中にエラーが出てインストールできなかったので
MATEを入れただけです。このまま使い続けるかはあまり考えていませんw

 で、とりあえず、一段落ですが、また、お金をためて、4GB*2なメモリを
買おうと思っていますって、神に言ったら
あ、ホントだ・・・(;´∀`)

 では、また(^^)/~~

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントありがとうございますm(_ _)m
これからの励みになります。

どうでもいい話ですが、僕は褒められると伸びるタイプです♪