このブログを検索

おっかけして下さい

RasPi3Bでサーバー運用 その6 ネームサーバーをたてる編

 どうもです^^

 皆さんは夏休みが終わりましたか?それとも、そろそろ終わりですか?
ざま〜みろです←ケンカの売り方が小学生レベル

 そんなことはさておいて、今日はいよいよコンテナを複製して
ネームサーバーをたてたいと思います。なんか、やっとですね。

 で、コンテナの複製ですけど、単にコピーしようかと思っていたんですが、
ちょっとスマートにLXCのコマンドでやりたいと思います。

 で、今のコンテナをコピーする時に名前を変えるでよかったんですが、
僕の頭の中では、今のコンテナの名前を変えてからコピーして、また
名前を変えるというまどろっこしい考えに至ってしまいました。そんな
方法は何の役にも立たないので、簡単な手順だけ公開しておきます。

 ちなみに、コマンドは
lxc-copy - 既存のコンテナのコピー
を参考にしました。
 まず、
今まで作成してきたコンテナをCon1
コピー元として置いておくコンテナをdefault
とします。
 で、コピーする書式は
lxc-copy -n [既存のコンテナ名] -N [新しいコンテナ名]
ですので、具体的には

となります。そうすることで、/var/lib/lxcの中にdefaultというディレクトリ
が追加されていると思います。
 これで、起動して固定IP用にコメントアウトした設定に変えていきます。

といった感じですね。

 では、ネームサーバーの導入をします。
 ネームサーバーはunboundを使います。これは、以前のままですので、
参考にして下さい。

 うまくいきましたか?以後、ネームサーバーはこいつのアドレスを指定
するようにして下さいね♪

 では、monitで監視もしておきましょう♪
 これも、以前のままにしておきます。

 はい、これでCon01は終了です。
 次回からはCon02にてwebとかfileとかのサーバーをたてていきます。

 では、また(^^)/~~

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントありがとうございますm(_ _)m
これからの励みになります。

どうでもいい話ですが、僕は褒められると伸びるタイプです♪